富岡市移住定住促進奨励金交付制度について

2018年08月25日

みなさん移住定住促進奨励金交付制度をご存知ですか?

みなさんもこの制度の対象となり、奨励金の交付を受けられるかもしれませんので、ぜひ一度、対象になるか以下の条件を確認してみて下さい。

 

現在富岡市では、移住及び定住の促進を図ることを目的に市内に住宅を建築した方(特に若い世帯への支援を重点的に行う。)に対する奨励金交付制度があります。

これらは平成28年4月1日以降の契約で平成31年3月31日までに引渡しを受けた住宅で次の移住者・定住者が対象となります。

 

1.移住者・・・市外から転入し富岡市内に住宅を取得した世帯(過去5年の期間に住民登録されていないこと)。

2.定住者・・・移住者に該当しない世帯で、夫婦ともに申請日の属する年度の初日において45歳以下の世帯またはひとり親世帯(45歳以下の父親または母親と、中学生以下の子からなる世帯)。

 

対象となる住宅

新築住宅及び空家住宅とし、床面積の合計が50㎡以上とする。併用住宅の場合は、住居部分の床面積が50㎡以上とする。

注:空家住宅を取得した場合、空家改修及び耐震改修補助金が加算される場合があります。

 

奨励金額

1.移住者

⑴の基本額に⑵~⑸を加算し、奨励金額を算出します。交付限度額は100万円です。

 

基本額

⑴移住者一世帯当たり・・・奨励金額:住宅取得価格の3%とし、40万円を限度とする。

加算額

⑵夫婦とも45歳以下の世帯・・・奨励金額:30万円

⑶子供(中学生以下)1人当たり・・・奨励金額:10万円

⑷夫婦どちらかまたは単身者本人が市内事業所に勤務している者または自営業者・・・奨励金額:10万円

⑸市内建築業者施工・・・奨励金額:10万円

 

2.定住者

⑴の基本額に⑵を加算した額が奨励金額で、交付限度額は40万円です。

 

⑴基本額:夫婦とも45歳以下の世帯又はひとり親世帯・・・奨励金額:住宅取得価格の3%とし、30万円を限度とする。

⑵加算額:市内建築業者施工・・・奨励金額:10万円

 

移住者、定住者ともに奨励金の基本額のうち、10万円は商品券(商店街サービス事業協同組合発行)で交付する。

 

その他の詳しい条件や手続きの方法、必要書類につきましては富岡市役所にお問い合わせ下さいませ。

 

 

この交付制度には実施期間があり、平成31年3月31日までとなっています。また、申請にも居住開始日または完成引渡し日のいずれか遅い日から1年以内と期限が設けられています。

ぜひこちらの制度の交付を受け、さらに消費税率が10%になる前に住宅建築されることをおすすめします!

富岡市には空家もたくさんあるそうですので、空家に移住、定住することも対象のようです。また新築住宅をお考えの方で土地からお探しの方は、住宅ローンのご相談も含め、(株)開成コーポレーションへお問合せください!お待ちしています。